【プログリット (PROGRIT)】本気のTOEIC対策!短期で伸びると評判の英語コーチング・プログリットの効果とは!?

短期で伸びる英語コーチングプログリット

プログリットはビジネス英語に特化した英語コーチングです。

「海外事業を拡大している企業に転職するチャンスある」、「2ヶ月で、できる限り英語力を身につけたい」、「TOEICスコアが800点から伸びない、行き詰まってしまった」などの飛躍的に英語力を向上させたい人にこそおすすめです。

プログリットの特徴の応用言語学理論に基づいた英語学習コーチングスタイルとはいったいどんなものでしょうか。

ここではプログリットの特徴や評判・口コミをまとめました。

専属コンサルタントによる短期間トレーニング▼
▼まずは無料カウンセリング!

プログリット (PROGRIT)の特徴

プログリットの特徴

プログリットでは、いわゆる英会話レッスンは行いません

「本気で英語力向上に取り組みたい人」のための「完全コーチングスタイル」のサービスを提供しています。

集中して英語学習に取り組みむため、受講生の生活習慣を見直すところが始めるので……

「来季の海外赴任前に英語力をつけておきたい」、「転職のためにスキルアップしておきたい」

そんな短期間で英語力を伸ばしたい人におすすめの新しい英語学習スタイルです。

コーチングスタイルとは

専門知識と経験豊富なコンサルタント

プログリットに教師はいません

プログリットには専門知識と経験豊富なコンサルタントがいます。

彼らが「本気で英語を学びたい人」に最適で効果的な英語学習トレーニングをコーチングします。

コーチングとは、受講生ひとりひとりに対して「英語能力を高めるための効率的な学習方法について、修了までの計画設計から学習方法の指導、課題につまずいたときには適切なアドバイスを与えてくれる」学習方法のことです。

言い換えると「英語学習コンサルティングを受けることができるオンライン英会話学習の場」それがプログリットです。

科学的なカリキュラムをフルオーダーメイドで作成

プログリットでは、学習を始める前に時間をかけてコンサルティングとレベル判定を行い、受講生ひとりひとりに合わせてカリキュラムを設計します。

カリキュラムの内容は応用言語学理論に基づいており、オンリーワン・フルオーダーメイドのトレーニングプランを作成します。

応用言語学理論をカリキュラムづくりに活かす

応用言語学理論とは、言語に関する人間行動を広い視野で捉えようとする学問のこと(Wikipediaより)

これを科学的に英会話コーチングに反映させています。

【例 リスニングの場合】

リスニングで耳から入ってきた英語を理解するシステムには2段階あります。

「音声知覚」と「意味理解」です。

まず「音声知覚」が言語をキャッチし、その情報を脳のデータベースに照合して言葉と意味を結びつけることで「意味理解」します。

つまり、リスニングが苦手な理由は次の2パターンに分けられます。

1.「音声知覚」にある(聞き取れない)

2.「意味理解」にある(データ不足で日本語の意味に置き換えられない)

プログリットではこのように様々な角度で分析し、それぞれの弱点を明らかにした上でトレーニング計画を立てていきます。

専属コンサルタントによる短期間トレーニング

専属コンサルタントによる短期間トレーニング

プログリットでは、トレーニング計画に沿ったオンライン・コーチングは毎日繰り返されます。

それに加え、専属コンサルタントによるカリキュラムに対する問題点の洗い出しやカリキュラムの内容の見直しなどを行う面談が、週に1回1時間行われます。

これによって、英語学習に必要な継続的学習がサポートされています。

目標達成のための徹底的なフォロー

プログリットでは、入会すると英語学習に3〜4時間あてることを要求されます。

「本気で英語に取り組もう」と思っていても、働いていれば1日3〜4時間も英語の学習に割り振るのはかなり厳しいと思います。

そこでプログリットでは、受講生の1日の時間の使い方から見直すアドバイスを行います。

残業が多くて時間が取れないなら、そもそもなぜ残業しなくてはいけないのか、その原因を探ります。

「仕事が進まない」場合、仕事の優先順位を見直すタスク管理をアドバイス。

原因が、就業間近になると仕事を振ってくる同僚や上司、または、人が残っていると帰りづらい職場状況にあるときは、人間関係を改善するための発言方法や仕事の請け負い方までコンサルテーションします。

コーチから毎日届く、進捗状況チェックのLINEメッセージがモチベーションを保つための大きな力になります。

コーチはTOEIC900点以上の社会人&海外経験者

コーチ陣は全員TOEICスコア900点以上をマーク。

期間の長短はあれ海外経験があります。

その上、社会人として働いたことのある人達なので「忙しくて英語を勉強する時間が取れない」ことは身をもって体験しています。

だからこそ受講者の立場に立って生活習慣改善の的確なアドバイスができるのです。

あえてオリジナル教材は使いません

プログリットではあえてオリジナルの教材を使いません

すでに世の中に出回っている教材の中から、受講生の実力と希望に合った効果的な教材をコンサルタントが探し出します。

なぜなら、オリジナルの教材をつくってしまうと「その教材に合わせたカリキュラムしかプランニングできなくなる」からです。

受講生の実情をリサーチして、平均的な内容のオリジナル教材をつくることは可能です。実際にそうやっているスクールがほとんどです。

しかし、それでは「平均値から離れている受講生は教材に合わせなくてはいけない」ことになってしまいます。

それよりも、すでに世の中で認められている数多くの教材の中から、ひとりひとりピッタリのものを見つける方が効果的なのです。

「ひとりひとりにピッタリの教材」というのは簡単ですが、幅広い経験と知識がなければ不可能です。

プログリットにはカリキュラム設計を専門に担当するコンサルタントもいます。

修了後の継続的学習フォロー

「英語学習は継続しなければいけない」という観点から、修了後1年間の学習ロードマップを受講生と議論しながら作成します。

トレーニング課題の必要性を科学的に理解→トレーニングを計画→実行→振り返り

受講中、何度も繰り返してきたこのトレーニングの流れを、コーチングを受けられなくなっても自力で行えるようにするための1年間学習計画立案です。

そして、2ヶ月に1度、受講生を修了生が参加できるネイティブとの交流イベントやビジネス英語ロールプレイングも開催しています。

修了生と受講生によるコミュニティが主催するイベントも不定期ですが行われています。

これらのイベントに参加する現役、修了生は様々な現場で活躍していますから、出会うことの少ない異業種の人達とのネットワークを広げる有効な機会でもあります。

自信があるからできる全額返金保障

プログリットの受講生の多くは働き盛りの30〜40代、すでに社会経験が長く、実績を積んできた物事の評価にはそれなりに厳しい目を持つ人達です。

さらにTOEICスコア800点以上の方が受講生の4割を占めています。

そんなシビアな受講修了生のプログリットに対する満足度は98%

プログリットのスタッフは、受講すれば必ず満足のいく結果が得られるカリキュラムを制作・実行できるとの自負を持っています。

もし、学習内容に納得できないときは、30日以内に申請すれば無条件で費用の全額返金を約束しています。

2ヶ月間のコースの場合なら、カリキュラムの半分を体験してから善し悪しを決められるわけです。

経営陣がホームページで語っている「1ヶ月で英語力に変化が出てきたことを実感していただけます」という言葉への自信がうかがえます。

短期間で英語力をアップするプログリットのコースと料金

プログリットのコース

・ビジネス英会話コース

・TOEICⓇコース

・オンラインコース

プログリットのコースはシンプルに3つです。

多数のコースの中から受講生が選ぶやり方ではなく、各コースの中で組まれるカリキュラムを受講生のニーズに合わせているからです。

ビジネス英会話コース

ビジネス英会話コース

「グローバルなビジネスシーンにおいて英語で議論や交渉ができることを目指すコース」(公式サイトから)です。

短い期間に集中して学習することで、ネイティブの言葉も聞き取れる「英語脳」をつくり出します。

シャドーイング中心のトレーニングでリスニング力をつけ、アウトプット中心のトレーニングでスピーキング力を強化します。

※シャドーイングとはネイティブの音声を聞いてすぐに繰り返して話すトレーニングのこと。影のようについていくことから「シャドーイング」と呼ばれます。

TOEICⓇコース

「短期間でTOEICⓇスコアアップを目指すコース」(公式サイト)です。

TOEICで得点(スコア)アップしたいなら、英会話スクールでフリートークを繰り返していても得点力は上がりません。

フリートークは野球でいえば毎回軽い練習試合を行っているようなものだからです。

得点力をつけるには基礎を固めなくてはいけません。

毎日のトレーニングで基礎文法、語彙力、発音矯正、リスニング力の強化を行います。

プログリットのTOEICⓇコースにはスコア800点以上の受講者が4割近くいます。

初心者だけではなく、更にスコアアップを目指す人にとっても効果的なコースです。

オンラインコース

校舎に通えない方が英語力を伸ばすためのコース」(公式サイト)です。

プログリットは首都圏に5校(有楽町、新橋、新宿、神田、秋葉原、池袋)と横浜、梅田(大阪)に校舎があります。

プログリットの料金

プログリット各コースの料金は次の通りです。

ベーシックプランスタンダードプラン
ビジネス英会話

コース

32,8000円

(入学金50,000円)

受講期間:2ヶ月

468,000円

(入学金50,000円)

受講期間:3ヶ月

TOEICⓇ

コース

32,8000円

(入学金50,000円)

受講期間:2ヶ月

468,000円

(入学金50,000円)

受講期間:3ヶ月

オンライン

コース

32,8000円

(入学金50,000円)

受講期間:2ヶ月

468,000円

(入学金50,000円)

受講期間:3ヶ月

オンライン英会話学習なのに一般的な英会話スクールと比べて、料金的に変わりがない、ものによっては高い、と感じたかもしれません。

でも、学習ヒトコマ単位で考えてみてください。

プログリットのコンサルタントによるサポート学習は毎日。

1ヶ月トータルで80時間以上です。

受講生になると最低2ヶ月は毎日3〜4時間の学習時間を要求されます。

料金には月に4回の面接と、教材費、英語学習の時間をつくり出すための生活習慣改善コンサルテーション、修了後の学習計画サポートも含まれます。

同程度料金で通常の英会話スクールだと、週に1回ないし2回、ヒトコマ1時間程度の授業しか受けられません。

プログリットならベーシックプラン2ヶ月で160時間ものサポートを受けながら学習できます。

受講生側に本気で取り組む姿勢があれば、プログリットの方が圧倒的にコストパフォーマンスのいいことがわかります。

プログリットの口コミ

プログリットの受講生のメインは30〜40代です。

現役バリバリの世代が転職やスキルアップのために「働きながら」受講しています。

修了生の声

「2ヶ月後にサンフランシスコへの留学、その半年後には外資系コンサルティングファームへの転職が決まっており、短期間で英語力を上げる必要があった」

「インバウンド専業の旅行会社の役員として、海外在住の社内メンバー、インバウンドツアーの顧客と直接コミュニケーションをとるために受講した」

「TOEICのスコアアップが行き詰まってしまい英会話スクールに通い出したもの、仕事の都合でサボりがち、結果が出ないときにプログリットを知り参加しました。毎日の学習についていけるか不安でしたが仕事のやり方から見直すアドバイスをいただき、結果的に3ヶ月でスコア300点アップしました」

ネット上では悪い評判をほとんど見かけないのは、そもそも経営側が「本気の人以外は受講しないでください」という姿勢なのでを前面に打ち出しているので、

「毎日取り組む気のない人」

「料金分の元とる気のない人」

は、最初から受講しないからでしょう。

プログリットに向いている人

プログリットに向いている人
プログリットに向いている人

・英語学習に本気で取り組みたい人

・短期集中で効果的に結果を出したい人

その上で、

・30〜40代で転職やスキルアップのために英語力をつけたい人

・ボランティアな活動などで英語を使えるようになりたい人(プログリットには60代以上方も多数参加しています)

・TOEICスコア800点以上で伸び悩んでいる人

・やる気はあるのにひとりでは学習続けられない人

・学習方法がわからない人

・自宅で学習したい人

そんな想いをいだいているなら、一度プログリット無料カウンセリングを受けてください。

もちろんカウンセリングを受けたからといって受講義務はないし、断った後にしつこい勧誘の連絡もありません。

専属コンサルタントによる短期間トレーニング▼
▼まずは無料カウンセリング!
おすすめオンライン英会話スクールランキング

おすすめオンライン英会話ランキング|TOEIC対策やビジネス英会話、目的に合ったスクールが必ず見つかる!

2019年3月18日

タイプ別・年齢別《転職サイト》

困った時に頼りになるのが《転職エージェント型》
多くの企業の中から探したい時は《転職スカウト型》
まず自分の適性を把握したいなら《適職診断》開始!

転職エージェント転職スカウト適職診断

 

タイプ別転職サイト■

第二新卒ハイクラス転職女性転職
派遣転職新卒就活

 

年齢別転職サイト■

20代の転職30代の転職40代の転職50代の転職